ホーム>調査士までの道のり

調査士までの道のり

年金担当

それでは、何をしたかったのかと申しますと、年金のもらい忘れの掘り起こし作業です。

戦時中ですが、軍需工場で働いた期間の年金を請求していない人が多くいるのです。

混乱期でもあり、そんな当時、年金なんて考えてもみないというのは、想像のつくところですね。ここのところの年金問題で、耳にする機会も増えていますね。

この業務での私の目標は、年金受取の口座をわが労働金庫へご指定頂くことと、一括で給付される貰い忘れ年金を預金して頂く、というものです。

さて、いざ始めてみますと計画自体なかなか立てられない、そんな日々のなか焦りだします。たとえ対象者が見つかっても、社会保険庁での調査が2~4ヶ月かかり、その後給付までまた2~4ヶ月となると、成果として現れるのは半年ぐらいかかります。1年限定の業務ゆえとにかく対象者を探さなくては、、、そこで、私がとった行動は住宅地図片手にかたっぱしから飛び込み訪問。一軒一軒説明をして歩きました。とはいえ全国のどこかに対象者は必ずいると研修で聞いたけれども、この地域にいるかどうかは全く不明。名案もなく半ばやけくそ状態の行動でした。何分手当たり次第の訪問なので、年金受給世代にあたることも少ないうえ、もともと貰い忘れ対象者が少ないこともあり難航します。そんななかでも、戦時中の話を聞けることもありました。

乳飲み子を背負って夜中に山をいくつも越え、僅かばかりの食料を手に入れて戻ったところで、兵士に取り上げられてしまった。

戦火の中、すぐそばの兵士が次々と銃弾に倒れていく情景。

「米の色は黒か白か?」上官からの問いに、白と答えては殴られる。

個人に選択の自由が無かった時代。

自分は幸せな時代に生きているということを、それまでぼんやりと思っていましたが、様々な戦争体験を聞く中で、今までの自分の考えや行動がなんとも甘ったれの幼稚なものだったのかと思い知らされました。今は、何でも選択できるゆえに楽な方へと心はなびきがちです。まして、自分が選択しているという意識さえ働かない場面も多いのではないでしょうか。こんな自由な時代が永遠とは限りません。今、私達が突然戦下に置かれた場合、耐え抜いていける人はどれだけいるのでしょうか。自由に選べる今こそ苦しい道を歩んで耐える力を養うべきではないかと痛感しました。

それから、地図をたどっていかない限り知り得ないような家、街中から少し入っただけなのに時代錯誤に陥るような。そこには、一人暮らしのお婆ちゃん。足も不自由でたまに知り合いが食料を届けてくれるという、生活費も僅かで、本当に生活できるのかなという驚き。戦争で悲惨な思いをした方々が、今もこんな辛い思いをしている。日本社会は、総中流階級というような自分のイメージを根底から覆す出会いでした。